あせくさ
-汗の悩み対策室-
脇汗

【知ってた?】脇汗に効果抜群!汗拭きシートの正しい使い方を解説します。

室長のねも助だ。

 

脇汗で一番困るのはやはり汗により発生する「臭い」だろう💦

 

なにせ多汗症の人は一日中脇から汗を流し続けているのだから、うまくケアしないとすぐに臭ってくる。

 

みんな制汗スプレー、制汗クリーム、制汗液、パウダー、汗ワキパッドなどさまざまな対策をとっていると思うが、今回はその中でも特に効果があると考えている「汗拭きシート」の正しい使い方について解説したいと思う。

 

俺の多汗症被害についてはこちら↓

 

管理人室

消臭ではなく汗を拭き取ることが狙い

 

脇汗対策の考え方として有名なのは「汗を止める方法」と「汗の臭いを消す方法」の2つだが、汗拭きシートはこの2つの視点で見るとそこまで効力はない。

 

そもそも汗を止める効果なんてないからな(;´д`)

 

ではなぜ先ほど「特に効果がある」と言ったのかというと、汗は止められないし、臭いも対して抑えられないのだが、物理的に汗を拭き取ることで、同時に脇で増殖していた雑菌までキレイに拭き取ることができるからだ!

 

汗を長時間放置していると雑菌が増殖するだが、これが臭いの原因なのだ。

 

他の制汗アイテムのように「臭いをなんとか抑え続ける」という考え方ではなく「臭いの原因である汗と雑菌を拭き取って捨ててしまう」という全く別の考え方だと理解してほしい。

 

もちろん消臭力は他の制汗アイテムに劣る場合が多いのでたとえば、

 

長時間消臭効果が持続する制汗クリームをまず使う。

ちょっと臭くなりかけてきたら汗拭きシートで拭き取る。そしてまた制汗クリームを塗っておく。

 

このように他の制汗アイテムと併用することで効果的に汗の臭いを抑えることができるのだ!

 

汗拭きシートを使うときの注意点

 

次に汗拭きシートを使うときの基本的な注意点を確認しよう。

 

手や口に使うウエットティッシュでもいいの?

 

よくポケットティッシュなどと一緒に売られている、いわゆるウエットティッシュを臭いの気になる場所に使った場合効果が期待できるかという疑問について。

 

汗を拭き取るという意味では使えるし、ものによっては除菌効果もあるのだが、消臭効果が一切ない。

 

それにも顔や皮膚の薄い部分に使用した場合、かぶれの原因になる可能性もある。

 

どうしても汗拭きシートの代わりとして使いたいのであれば「ウエットティッシュ」ではなく「赤ちゃん用のおしりふき」のほうがいいだろう。

 

とはいえ、俺たち多汗症の人間にとって「汗の臭い対策」は生命線だ。

 

ここはお金を惜しまず消臭効果がある汗拭きシートを使っておこう。

 

顔用のシートを体に使える?

 

もちろん使える。

 

ほとんどのブランドは「顔用」と「体用」両方の汗拭きシートを出しており、「顔用」の方がシート自体が小さくてその分枚数が多く入ってる。

 

値段も「顔用」のほうが安い場合が多い。

 

また「体用」の方がシートは大きくて消臭力が強いけれど、皮膚への刺激が強い場合がある。

 

このことから、多少消臭力が落ちても節約として「顔用」のシートを体に使うことは問題ないのだが、「体用」を顔に使う場合はかぶれなどに気をつける必要がある。

 

おすすめの汗拭きシートを紹介

 

汗拭きシートといえばギャツビーだな!

 

俺はお得な顔用をまとめ買いして使っている(*゚▽゚)ノ

 

もう1つ、おすすめなのはビオレの「冷シート」だ!

 

消臭効果だけではなく、使用後のクール感にも力を入れた商品でこの夏大ヒット!!

 

拭いた瞬間の肌温度マイナス3度を謳っているんだよな。

 

汗拭きシートを正しく使って健やかな毎日をおくろう!

 

みんなが健やかな毎日を過ごせますように( ˘ω˘ )